社会福祉法人みずほ厚生センター 障害児入所施設みずほ学園 こどもデイぽっぽ

代表者 理事長 大塚恭弘
設立 1965年(昭和40年)
資本金
従業員数 31人(常勤23人、非常勤8人)
所在地 大分県臼杵市大字戸室1205−1
電話 0972-63-6691
HPアドレス http://www.i-mizuho.net
E-Mail
営業所・工場
これからの採用予定 こどもデイ“ぽっぽ” 非常勤職員募集中!
先輩達からの一言 みずほ学園はとても楽しい職場です。私は1年目で不安など沢山ありましたが、職場の皆さんに恵まれ、楽しくお仕事ができています。落ち込んだりする時もありますが、利用者さんの笑顔に助けられている毎日です。ぜひ一度見学に来られて見て下さい。(ANさん)             私はみずほ学園で働き始めて5年目です。利用者さんの年齢は7歳か37歳までと幅広く、個性豊かな方ばかりです。驚きや喜びが沢山あり、日々変化を感じることができます。その変化を見逃さず、より良い方向へ支援していく事が私たちの役割だと感じています。みずほ学園は、利用者の方と一緒に自分も成長していけるそんな職場です。(ISさん)
交通アクセス JR熊崎駅あるいはJR上臼杵駅より車で約7分(臼杵市医師会立コスモス病院裏)
事業内容 障害児入所施設の運営
日中一時支援
短期入所
多機能型こどもデイサービス“ぽっぽ”の運営
特色 お家での養育が難しい障がいのあるお子さんを預かり、食べることやトイレ、着替えやお風呂などのお世話を通して身の回りのことができるように支援しています。幼児から18歳以上の方が利用しており、平均在籍年数は約8年です。長年関わっていると心身ともに成長する子どもの様子を実感できます。発達障がいのあるお子さんも利用されており、その“困り”と向かい合うことで悩み、学び、また悩み、また学びます。仕事を通して優しい心、人としての強さが育つ職場であると自負しています。
また、放課後等デイサービスぽっぽでは発達に心配のあるお子さんを受け入れ、様々な取り組みを通して社会性を養う支援を行っています。